【モデルプラン】淡路島デートにおすすめな1日旅行プラン旅行記!

日本一周中に訪れた兵庫県淡路島がとても素敵な場所だったので今回は淡路島の1日旅行プランを紹介します!

  • 関西に住んでいておすすめの観光地を知りたい
  • 淡路島に行ってみたいけどどこがおすすめかわからない
  • 淡路島の写真スポットを教えて欲しい

こういった方はぜひ最後までご覧ください!

※コロナの影響で営業情報が異なる可能性があります。訪れる際には1度公式HPをご確認ください。

失敗しない淡路島観光プラン!

今回は徳島県から出発して神戸に向かっていくルートで紹介しようと思います!神戸から出発する方はこのプランを逆算して観光してみてください!

10時:大鳴門橋遊歩道 渦の道

徳島県と淡路島をつなぐ大鳴門橋から出発!大鳴門橋といえばやっぱり鳴門の渦潮ですよね!

鳴門の渦潮を見る方法は2つあります。一つは渦の道という大鳴門橋の下にある約450mの遊歩道および展望台から見るか、うずしお観潮船に乗るかの2パターンです。

今回は渦の道から渦潮を見ました!

渦の道は渦潮だけでなく、高い目線から周辺の島々を眺められるので景色も良くおすすめの観光地です!

注意
渦潮は日によって出現する時間帯が異なります!公式HPで時間を確認してから訪れてください。

臨場感やより間近で渦潮をみたいという方はうずしお観潮船に乗る事をお勧めします!

営業時間夏季(3月~9月)9:00~18:00 
GWと夏休み期間は 8:00~19:00 
冬季(10月~2月)9:00~17:00
入場料大人 510円
中高生 410円
小学生 260円
公式HPhttps://www.uzunomichi.jp/
駐車場1日500円 200台
定休日3月、6月、9月、12月の第2月曜日
住所〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内)

11時15分:道の駅うずしお

淡路島はとにかく玉ねぎ推し!笑

特にこの道の駅うずしおには玉ねぎのオブジェに玉ねぎツリー、オニオンキッチンに玉ねぎポテトチップスなど玉ねぎにまつわる商品や写真スポットが充実。

今回はテレビ朝日 | ザワつく!金曜日でも絶賛されていた「淡路島玉ねぎポテトチップス」を買ってみました!

食べてみると納得。玉ねぎの香り漂う優しい甘みのあるコンソメのような味で、これはかなり美味しかったです!

ドライブのお供にぜひ!

海と大鳴門橋と玉ねぎのオブジェと写真を撮れるスポットもあります!

営業時間9:00〜17:00
入場料無料
公式HPhttps://eki.uzunokuni.com/
駐車場無料 乗用車60台
定休日木曜日(祝日、繁忙期は状況により臨時営業)
※12/31、1/1は休館
住所〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙947-22

12時45分:こぞら荘

そぞら荘とは小高い山の上にある「山の上の雑貨店」「こぞらのおやつ」「森の宿」が入ったおしゃれな複合施設です!

ここは何より全てがおしゃれ!小高い山の上にあるので景色もよく何時間でもいられるような素敵な空間になっています。

ホテル好きな僕たちからすると本当に気になるのは1日3組限定の宿泊施設「森の宿」なのですが、今回はマフィンなどのおやつがいただける「こぞらのおやつ」でお昼ご飯にしました!

めちゃくちゃ可愛くないですか…マフィンとスコーンを注文しました!この後スイーツを食べにいくのでここでは控えめに!

パッケージのイラストから店内の内装、全てが好み…

淡路島の新鮮な卵と牛乳を使った優しい味わいで美味しかったです!とてもおすすめのスポットなのでぜひ訪れてみてください!

旅する2人

将来小さな宿とカフェの入った複合施設を作りたくなってしまった笑
営業時間森のオト 10:00~17:30
山の上の雑貨店 10:00~17:30
こぞらのおやつ 11:00~17:30(売切れ次第終了)
入場料あり 数台程度
公式HPhttps://kozorasou.com/
駐車場有り 数台程度
定休日不定休 HPを確認
住所〒656-2143 兵庫県淡路市里573の6右上ル

14時30分:伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)

実は淡路島は『国生みの島』と言われていて、この最古の神社「伊弉諾神宮」から始まったと言われています。

歴史好きはもちろん、この空間自体がパワースポットになっているので1度は訪れたいスポットです!

感謝髪頭の文字…笑 そこにはリーブ21の名前が。

念の為、撫でておきました。笑

営業時間24時間参拝可能
入場料無料
公式HPhttps://izanagi-jingu.jp/
駐車場無料駐車場有
定休日不定休
住所〒656-1521 兵庫県淡路市多賀740

15時30分:幸せのパンケーキ 淡路島テラス

来ました。大本命です!一度行ってみたかった『幸せのパンケーキ 淡路島テラス』

幸せのパンケーキは都心などに行けばどこにでも有りますよね!しかしここは一味違います。

まず外見からおしゃれ。地中海のような内装で海沿いにあります!それだけではございません。なぜここに来てみたかったかというと

はい〜!この海に浮かんでいるかのような「幸せの階段」に行ってみたかったからです!

しかもこの夕暮れ時に来たのにも理由があります!時期によって時間が異なりますが

海に沈む夕日をバックに写真を撮れるからです!すごく綺麗ですよね〜!

先を確保すればいつでも幸せの階段に行くことができます。

淡路島の魅力はこの海と夕日に詰まってるな、って思いました!

少しお値段はしますがこの立地でこのオシャレ度なら十分満足です!夕暮れ前に来て沈む夕日を見ながらお茶しましょう!

※休日はかなり混むので時間に余裕を持って行動してください。

営業時間平日:10:30~19:30(LO18:40)
土日・祝 09:00~19:30(LO18:40)
公式HPhttps://magia.tokyo/awaji/
駐車場淡路島リゾート駐車場  100台(有料)
定休日不定休
住所〒656-1501 兵庫県淡路市尾崎42−1

この日はパンケーキでお腹いっぱいになってしまい夜ご飯が食べれませんでした!

どうしても淡路島の鯛が食べたかったので後日朝食で道の駅あわじの『おさかな共和国 えびす丸』で海鮮丼をいただきました!評価も高く期待していったのですが、期待通りとても美味しかったです!

夜ご飯も含めたプランで考えたい方は幸せのパンケーキにもう少し早く訪れて、17時前におさかな共和国 えびす丸に到着すれば夕食もいただけます!

あわじの鯛ご飯たまごがけや豪華な海鮮漬け丼が1,000円以下でいただけるのでぜひ訪れてみてください!

営業時間■3~11月■
【平日】 9:30~17:30
【土日祝】9:00~17:30
■12~2月■
【平日】 9:30~17:00
【土日祝】9:00~17:30
食べログhttps://tabelog.com/hyogo/A2806/A280601/28002623/
駐車場道の駅あわじの駐車場利用
定休日不定休
住所〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋1873−1

まとめ

僕たちが巡った淡路島の1日プランはいかがだったでしょうか?

淡路島を一言で表すなら『全てが揃った島』が合ってるのではないでしょうか。

「海、山、食、温泉、歴史、写真スポット」全てが揃っていて、とても1日じゃ回りきれませんでした。

次に淡路島に訪れた際には1泊して思う存分淡路島を味わい尽くしたいと思います!

淡路島のホテル「渚の荘 花季」の宿泊レビューもあるので1泊で淡路島に行く際は参考にしてください!

【淡路島温泉】渚の荘 花季宿泊記! 浴衣を着て洲本温泉とオーシャンビューを堪能!


ホテルを予約する際はこちらをチェック!

【2022年3月更新】じゃらんnet最新クーポンまとめ 【2022年3月更新】楽天トラベル最新クーポンまとめ